注文住宅建設までの流れ

###Site Name###

新築の住宅を購入する際には、建売住宅にするか注文住宅にするかという選択肢があります。
建売住宅には、購入後に間を置かずにすぐ入居できるメリットや、分譲地である場合は統一された町並みと落ち着いた雰囲気が得られるというメリットもあります。

しかし、間取りは既に決められており、外観や内装の自由度も少ないために、住宅の本質にこだわりたい人には不向きな選択と言えるでしょう。



住宅に対して強い思い入れのある方にとっては、やはり注文住宅がおすすめです。

好みの外観、好みの間取り、そして好みの住宅設備と、まさにオーダーメイドです。

建売住宅と比較するとコストはかかりますが、満足の行く住空間を実現できるという観点から注文住宅を選択する人も多いものです。

実際に注文住宅を建設する場合には、最初に土地選びからスタートするのが一般的です。

複数の候補地の中から最も自分たち家族のライフスタイルに合致した土地を選ぶと、同時に建設するハウスメーカーの選定も進めておくのが良いでしょう。

BIGLOBEニュースの情報ならこちらを参考にしてください。

住宅展示場や各社のホームページなどで候補のメーカーを絞り込んでおくとその後がスムーズです。


ハウスメーカーは数社から相見積もりをとるのがおすすめです。

もっとも魅力的で、予算内で希望が叶うプランを提示してくれるメーカーを選びたいものです。



そして土地と建設会社、プランニングが決定したら、いよいよ決済です。住宅ローンを申し込む金融機関と連携しながら進めます。

建設中も、こまめに現場を視察し、職人さんに差し入れを行うなど連携しておくことがより良い住宅に仕上げられるコツです。

職人さんも施主との意思疎通がしっかり出来ていると、仕事がやりやすくパフォーマンスも高まります。
注文住宅の建設は、多くの段階があり面倒に感じられるかもしれません。
しかし、実際に形になった時の感動は何よりも嬉しいものです。